SERVICEサービス

異常検知サービス

ものをきちんと製造したり、インフラを昨日と同じように運用したりするには、日々の検査が欠かせません。しかし検査には熟練した技術が必要で属人化を防ぐのが難しかったり、また検査自体は簡単でも非常に多くの作業量が必要になったりと、多くの課題が発生しがちです。そこで検査対象の画像を用いたAIによる異常検知やセンサーデータのような時系列データを使った異常検知など、様々な異常検知手法の導入が各社で進んでいます。 ちゅらデータではこれまで培った経験により様々な異常検知手法を網羅した「異常検知サービス」を提供しています。

異常検知サービスの特徴

本サービスでは目的を達成できるようにAIシステムの開発を行います。

画像処理による異常検知

製造された製品や食品などの画像から異常を検出するAIを開発します。AIが画像を扱えるようにするには様々な前処理が要求されたり、またAIの処理速度を工場のラインの速度に合わせるためのチューニングやシステム構築が必要となったり、技術的な難易度が高くなりがちですが、ちゅらデータではこれまでに培った経験から安定した開発が可能となっています。

時系列データ処理手法による異常検知

センサーなどから送られてくる大量のデータを処理し、その中から時系列データの処理手法を用いて、異常な値を検出するシステムを開発します。またちゅらデータでは検出するだけでなく、実際の工場の機械を制御し、適切な値に復帰させるなどのシステム開発も可能となっています。

大量データを処理する基盤の構築

大量のデータを処理するAIシステムの基盤構築は非常に難易度の高い仕事と考えられています。ちゅらデータではこれまでに多くのAIシステムを構築してきており、社内にはそういったノウハウが蓄積されているため、一般的には難易度の高いAIシステム構築を安心して任せることができます。

異常検知サービスの流れ

本サービスのすすめる流れは下記のようになります。

  1. 詳細ヒアリング
  2. 異常検知AIシステムのご提案
  3. データ収集、インターフェース調査
  4. AIモデルトレーニング、検出精度向上チューニング
  5. AIシステム基盤構築
  6. 現場導入、検証、ブラッシュアップ

研修

弊社では、AIを用いた異常検知を実装できる人材を育てるための研修も用意しております。

データ分析人材育成サービス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください